サイトメニュー

エステティックライン

女医

日本人に多い顎の美容整形

日本人に多いとされるのが、顎の美容整形です。それというのも、日本人の骨格の特徴として顎が引っ込んでしまっている骨格の人が多く、美容業界では理想とされるエステティックラインを形成することが難しい人がとても多いのです。では、顎が引っ込んでしまっている人はどうすればよいのかといえば、美容整形により顎を前に出し、美しいエステティックラインを作り出すのです。そのために用いられるのがシリコンプロテーゼです。シリコンプロテーゼを顎に挿入する整形手術は、仙台の美容整形外科クリニックでもよく行われています。また、顎の整形に関する需要はとても高いのです。仙台の美容整形外科で受けられる施術は、シリコンプロテーゼの挿入だけではありません。プチ整形と呼ばれるヒアルロン酸注射によって顎を前に出す施術を受けるだけでも、ある程度美しいエステティックラインを人工的に作り出すことができるのです。ただ、ヒアルロン酸の場合は永久的な効果は持続しないので、シリコンプロテーゼの方が効果的です。

顎形成用のシリコンプロテーゼは、仙台の美容整形外科においてはオーダーメイドのものを使用しています。そうすることにより、顎にしっかりとフィットし、それぞれに合った理想的なエステティックラインを整形によって作り出すことができるからです。仙台の美容整形外科で顎へのシリコンプロテーゼを挿入する場合においては、顎を作り出す意外にも施術効果があります。シャープなシリコンプロテーゼを挿入することにより、顎を尖らせることができます。そうすることにより、美しい輪郭になることができるのです。また、顎を前に出すという方法もシリコンプロテーゼでは可能になります。さて、気になるシリコンプロテーゼの顎への挿入手術についてですが、口の内側、つまり粘膜切開を行って挿入するため、傷跡が目立たないのが特徴です。粘膜というのは治癒力がとても早いことから、傷をつけても最終的には傷跡がすっかりわからなくなるまで完治します。そのため、顎へのシリコンプロテーゼの手術は、口の内側から行います。