サイトメニュー

肝斑の悩みが解消する治療

女性

難しかった肝斑治療が短時間の施術で改善

肝斑とはシミの一種のことで、30〜40代の女性に多く見られます。顔の左右対称に薄茶色いシミとなって現れ、特に頬や額などの比較的広い部分にできます。そのため大きさや場所によってはかなり目立ってしまい、メイクで隠しても隠し切れないということが少なくありません。仙台の美容整形外科クリニックでは肝斑治療も受けることができ、肝斑に悩む多くの女性を救っています。肝斑ができるはっきりとした理由は定かではありませんが、紫外線を浴びたり活性酸素が増えたりすることが要因と考えられます。またストレスやホルモンバランスの乱れなども関係しており、女性だけでなく男性にもできることがあります。美容整形外科技術における仙台の美容整形外科クリニックは、全国でも評判が高いのが特徴です。肝斑は過度な治療をすることで悪化しやすいため、これまでは治療が困難な症例となっていました。そこで登場したのがメラニン色素だけを破壊し、少しずつ回数を分けてソフトなレーザーを照射していく施術法です。痛みがないので麻酔をすることもなく、治療後にガーゼなどで保護する必要もありません。

仙台の美容整形外科クリニックが行っている肝斑のレーザー治療は、ダウンタイム(施術後の腫れやむくみが回復するまでに要する期間)が短いという点が魅力です。そのため治療後すぐにメイクをすることもできますし、肌の表層に近い場所にできた肝斑なら一度の施術で効果を感じることも少なくありません。肝斑治療をすることでそばかすやくすみも一緒にきれいになりますので、仙台の美容整形外科クリニックでは同時に治療をするメリットについても説明しています。これまで肝斑はシミの治療で使用するレーザーを使うのが一般的でしたが、このレーザーは肝斑には刺激が強すぎてメラニン色素を増殖させることが少なくありませんでした。現在は微弱なレーザーを用いた治療法が確立されていますが、肝斑がきれいになくなるまでには複数回の治療が必要です。また顔をこすったりという刺激によっても肝斑はできやすいので、過度な刺激を与えないようにすることが大切です。仙台の美容整形外科クリニックでは、肝斑の適切なスキンケア方法についての指導も受けることができます。